IT関係の仕事が現代非常に伸びつつあります。今後も伸び続けていく職種とも言えます。
収入も上昇傾向にあり、若者の仕事として人気のある業種とも言えます。
比較的IT関係の企業は小規模での会社設立が可能であり、大都市ではなく地方でも企業が事務所を構えていたりします。

昔は九州や北海道では営業所のみがあるといったIT企業も多くありました。販売とサポートを担う事務所です。
最近では、札幌等日本の中心から離れた場所でもIT企業本社があるようです。
パソコンの普及とインターネットの利便性の向上が、ITの開発業務を首都圏でなくても可能にしました。
これにより、地元の人間である地方出身者がその土地から離れる事無く起業出来るようです。

一昔前の札幌でのIT関係の仕事と言えば、営業や販売・サポートという「大きな括り」でのIT業種となっていたようです。
IT関係の転職を札幌で考えると、やむを得ずこういった職種に就く選択肢が多かったのも事実です。

スマホの発展に伴って最近注目されるIT業種というのが、アプリ等の開発です。
これまで大手のソフトウェア会社も挙ってアプリ開発に力を入れています。市場も大きなものとなってきました。

ですが少し前のように、開発に関わる人材を日本の中心部や限定された工業都市に集めるやり方も変化してきています。
地域性をメインとしたソフトやアプリ開発では、その土地に留まって情報収集し開発に活かすといった手法も出てきています。
従って、昔に比べて札幌等の地域でのIT関係への転職も選択肢が広がってきています。

先に話した通り、収入の上昇傾向も見られるためIT関係の転職も多くなってきたのも事実です。
ITは専門の知識が必要である為、中々趣味が講じてとはいかず一定の教育が必要となります。

札幌でもITに関する専修学校もあるため、転職を考えるのであればそういった選択肢も注目しなくてはなりません。
余程の過疎地域でない限り、以前は首都圏や工業都市でしか聞かれなかったIT等のフレーズも身近になり、仕事が多くある事も大きな変化と言えるでしょう。

仕事が頭脳をメインとする事、仕事自体の重量が軽い事に加えインターネット普及等は首都圏から遠く離れた地域での恩恵は多いようです。

↓札幌にUターン転職を考えてるSEは必見!失敗しない転職先の選び方↓
SE転職先の選び方~常駐SE辞めて人生変える方法【SE転職ちゃんねる】